在校生の声

 

 

きもの和裁科 3

 

A.Y さん   神奈川県立高校卒業


母の着付けにあこがれて

母は着付けができるので、その姿にずっとあこがれていました。そしてついに私も着装認定試験1級に合格!! 本当にうれしかったです。

きものを縫ったことはなかったけれど、基礎から丁寧に教えてもらえたので安心しました。自分には少人数制の学校が合っていると思い入学しましたが、間違いなかったです。

就職活動で大きく成長

和裁士として働くことを目指していたので、求人が出ていた会社や和裁所へ見学に行ったり、数日間インターンシップをさせてもらったりしました。でも通勤時間や給与面で折り合いがつかず、正直くじけそうになったこともありました。そんな時「学校にこんな求人があるから話を聞いてきたら?」と先生から紹介されたのが内定先の呉服店です。諦めずに頑張ってきて本当によかったと思っています。

目標はプロの悉皆屋さん

内定先の呉服店で私が担当する悉皆(しっかい)業務は、寸法直しやシミ抜き、染め替えなど、きものに関するあらゆる相談に乗り、対応していく仕事です。10月から見習いとして週3日程店頭に立ち、色々教えてもらっています。この学校で学んだことが十分に活かせるし、これからますます期待される分野なので、どんどん仕事を覚えてこの道のプロとして活躍したいです。