在校生の声

 

 

きもの和裁科1

 

K.T さん   神奈川県立高校卒業


部活の演奏会できものを着たことがきっかけ

お琴の演奏会の時にきものを着たことがきっかけで興味を持ちました。進路を決めたのは高校3年生になってからでしたが、授業内容をチェックしたり通学時間を確かめてじっくり学校選びをしました。入学前は自分できものを着ることはできませんでしたが、今では袷(あわせ)も着られるようになりました。もちろん人にも着せてあげられます!

裁縫経験ゼロからのスタート

「きものっていいなぁ」と思ってはいたけれど、裁縫の経験はほとんどなし。でも、きものを縫う仕事がしたい!と思ったので、縫製の授業数が多いきもの和裁科に入学を決めました。最初は不安でしたが、簡単な作品を作りながら毎日コツコツ練習していけば、きものはちゃんと完成します。完成の瞬間は何よりうれしいです。

作ったら使う! これが楽しい!!

組ひもの授業も大好きです。自分の好きな色の糸で作れるし、完成した帯締めは着付けでいつも使っています。作品を作ること自体も楽しいですが、その作品を実際に使うことで楽しさは倍増します!