きものの専門学校 矢沢服飾専門学校(横浜) 学校案内
きものの専門学校 矢沢服飾専門学校(横浜)あいさつ

縫う!着る!着せる!飾る!


 「きもの」は私達、“日本人の民族衣装”です。世界に誇る美しい「きもの」に関わり、日本文化の伝統を継承してください。

きもの授業のようす

きものを縫製する技術者「和裁士」、きものを着飾る「着装士」、きものの販売職やきものの加工管理業務を職業とするには、専門的な知識と技術が求められます。本校は少人数制で一人一人に合わせた指導を行います。
 針の持ち方からはじめ、裁断から縫製、最後の仕上げまでのすべて自分の手で作り出した作品は必ず着装し、次の作品つくりに反映させます。

 

2年次には“成人式”に合わせ、振袖と振袖用長襦袢、帯などの作品を製作します。製作においては、大変な作業ですが完成した時の喜びは格別ですし、大きな自信になります。自分で縫製した「きもの」での成人式への参加は学生達の自慢です。

卒業後の進路には、きものを縫製する和裁士、きものを着せる着装士、きものの販売に関わる販売職やコーディネーター、きものの加工品管理の検品業務・生産管理業務などがあります。職場には百貨店、呉服店、和小物店、リサイクルショップ、アンティークショップ、レンタルショップ、フォトショップ等和装品に関わる職域が増加しています。

 

「きもの」を通して「日本文化」を体験し、より身近に「きもの」を感じてください。

 

また社会人として必要なビジネスマナーやビジネスPC活用法、社会人としての心構えを身につけ、きめ細やかな心配りのできる人材教育を実施しております。
 「やる気」が技術の習得を支えます。身につけた技術は一生涯を通じあなたのライフワークとして生かすことが出来る事でしょう。

”日本人の民族衣装”「きもの」をいっしょに学びましょう。

 

学校法人矢沢学園(横浜きもの専門学校)

  

きものの専門学校 矢沢服飾専門学校(横浜) 学校概要
名称 学校法人 矢沢学園
所在地 〒222-0021
  神奈川県横浜市港北区篠原北1-3-36
   TEL:045-434-2555
   FAX:045-434-2556 
代表者 理事長  川上 隆
設置学校 横浜きもの専門学校
きものの専門学校 矢沢服飾専門学校(横浜)沿革
概要
昭和 6年 東京・自由が丘に矢沢縫製所を開設
昭和38年 現在地に矢沢和裁学園設立
昭和52年 矢沢和裁専門学校に校名を変更
平成16年11月 学校法人 矢沢学園の許認可を得る
平成17年 4月  矢沢服飾専門学校に校名変更
平成29年 4月 横浜きもの専門学校に校名変更

 

きものの矢沢服飾専門学校 体験入学・学校説明会の詳細
きものの矢沢服飾専門学校 入学案内資料請求